格安SIMのメリットとデメリットについて

格安SIMのメリットとデメリットについて

 

最近多くの格安SIMの会社が参入してきました。

 

どの会社も大手キャリアに比べ安い月額料金を謳い大変魅力に感じますが、そのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

格安SIMの3つのメリット

 

格安SIMにするメリットは大きく3つあります。

 

一つ目は基本料金に変動がなく格安な点です。

 

スマホの電話機能を使わない限り、ほぼ月額使用料は基本料金のみで抑えることができるため、月々2000円程度でスマホが使用できます。

 

またその料金も使用期間の長い短いに関わらずずっと同じ料金です。

 

二つ目に違約金が発生しない点です。

 

大手キャリアですと2年の契約更新の縛りがあり、それ以外の時期に契約解除すると違約金が発生します。

 

それに対し格安SIMはいつ解約してもそういった違約金や解約金が発生しません。

 

3つ目に今使用しているスマホをそのまま使用できる点です。

 

スマホをお持ちでない方ですと機種を購入する必要がありますが、既に大手キャリアのスマホを持っているのなら、そのスマホに格安SIMをさすだけで簡単に切り替えが可能です。

 

格安SIMの2つのデメリット

 

逆に格安SIMにするデメリットも2つあります。

 

一つ目はキャリアメールが使えなくなる点です。

 

大手キャリアにはそれぞれの会社から与えられるメールアドレスがありますが、格安SIMにするとそういったアドレスがありません。

 

自分でGメール等のフリーメールを取得する形になります。

 

キャリアメールがないことで、ガラケーでPCメールをブロックしている方にはメールが送れなくなります。

 

二つ目に電話料金が高くなる可能性がある点です。

 

格安SIMですと基本料金が安い分電話代金が高く設定されているケースが多くあります。

 

そのため頻繁に電話機能を使用する方は、電話かけ放題などのオプションプランに入らないと、逆に月額使用料が高くなる恐れがあります。

 

 

 

まとめ

 

このように格安SIMにもメリット・デメリットがあります。

 

自分の生活を振り返り、大手キャリアがよいのか格安SIMがよいのかじっくり比較検討してみてください。